特別養護老人ホームでの相談員の役割

指定介護老人福祉施設の生活相談員

指定介護老人福祉施設 (特別養護老人ホーム)では、利用者と施設との契約にもとづいてサービスが提供されます。

そのため、生活相談員は利用者の人所前から、入所手続が円滑に進むように支援します。

入所は申し込み順ではなく、緊急性の高さや施設介護の必要性で判断されます。

生活相談員は主治医の診療情報や、それまで居宅介護支援を担当していた介護支援専門員の意見書など、

施設で適正な入所順を判断できるための情報収集も大切な業務といえます。

入所の際には、利用者に対して必要事項を説明するとともに、施設と利用者とのつなぎ役となることで、

新しい施設での生活に対する不安や戸惑いを解消できるように、利用者に対して相談業務を行なっていきます。

入所した利用者のなかには、初めての共同生活となる高齢者も多く、

混乱や不安から生じる日常生活でのトラブルもたくさんあります。

生活相談員は住み慣れた自宅を離れて生活する利用者の相談相手として、精神的な支えとなるのも大切な業務です。

最後の時間を過ごす施設での生活が、不安や戸惑いのなかでの生活にならないように、

生活相談員には広い視野での観察力と、専門性をもった利用者とのコミュニケーション技術が求められます。

高齢の利用者は、多くの疾患を抱えています。

生活相談員は医療機関と連携をとり、利用者が安心して医療を受けられるように、

ほかの専門職と協力して援助していきます。

利用者が入院した場合は、退院後の支援を準備していきます。

ほかにも、利用者家族との連絡調整や、自治体などでの手続きの支援、

後見人等の外部機関との中継役としての役割があります。

また、 利用者に在宅生活の可能性があれば、家族や各サーピス機関と連携して在宅復帰を支援することも重要な業務です

 

高齢者施設全般に共通する生活相談員のおもな業務

入所にあたってのおもな業務

  • 入所希望者に対する相談の受付と対応
  • 施設の概要説明
  • 入所手続きの支援
  • 円滑な入所への支援 など

 

入所中の生活支援のおもな業務

  • 入所者の施設生活に関する相談の受付と対応
  • 他の入所者との人間関係の調整
  • 施設生活に対する不安や不満の対応
  • 入所者にかかわる医療機関等との連携
  • 日常生活で必要な行政機関などでの諸手続きの援助
  • 地域住民やボランティアの窓口

 

施設で暮らす高齢者には、自立している人から介護が必要な人までいます。

利用者のなかには、自宅での生活を希望しながら、

環境的な問題で仕方なく入所された人もおり、さまざまな葛藤のなかで施設生活を過こしています。

生活相談員は、相談を通じて、それぞれの利用者の悩みや思いを知り、意思を理解して支援を行ないます。

また、その思いを周囲にわかりやすく伝えることで、安心な生活環境を整えていくことも大切な仕事です。

  • 家族との連絡調整など

 


「介護職・ヘルパー」の求人はクリップワーク

介護と医療に特化した求人サイトは「クリップワーク」