相談業務をするための資格

施設等の相談業務を行うためには、一定の資格が必要

社会福祉士

ソーシャルワークの専門職として確立されたた国家資格が社会福祉士です。

現在では、ほとんどの介護保険施設「特養・老健・介護医療院」や病院での利用者及び患者の相談業務に関わる人が取得してます。

国家資格を有して相談業務職(ソーシャルワーカー)として活躍をおこなってます。

介護保険上での施設では、生活相談員や支援相談として、利用者様の在宅復帰に向けての相談業務や、日常生活での悩みや課題などの相談を援助いたします。

また、医療機関である病院では、入院から退院(在宅復帰・福祉施設入所・リハビリ施設)までの患者様の相談に応じる業務にあたっています。

 

精神保健福祉士

精神保健福祉分野を専門とするソーシャルワークの専門職として確立された国家資格です。

精神科医療機関では、名称「PSW」として配置されています。

医療機関ではは診療報酬による位置づけもあり、精神医療機関で人員配置しております。

そのほかにも、精神疾患患者や精神障害者の支援機関でも配置されるようになっています。

 

介護支援専門員

介護保険制度内のみで適用される資格です。

要介護や要支援の認定を受けた利用者様に対してアセスメント・ケアプラン作成の手法を駆使して支援を行なっていきます。

あく まで介護保険制度に限定されているので、介護保険制度以外の、高齢者の福祉施設や事業所では勤務できません。

ただし、介護保険施設「特養・老健・介護医療医院」では配置必置義務があり、

施設のケアマネージャー(介護支援専門員)は介護サービスのマネジメント役(管理)として配置されています。

ケアマネージャーは利用者や家族に対応して、相談員とは違った視点と立場から利用者様の相談援助業務に従事を行います。

 

社会福祉主事

各相談業務を行なうにあたり最低の基準資格として、社会福祉主事であり、この資格は任用資格です。

上記の3つの職種に比べ、歴史的に早くから制定された資格であり、 介護保険の施設サービスの相談業務にかかわる職種には、

社会福祉主事は、資格のキャリアアップが求められています。

 

相談業務を行なう職種に求められる資格

●生活相談員

●支援相談員

●医療ソーシャルワーカ—(MSW)

●社会福祉士

●社会福祉主事

 

精神科ソーシャルワーカー(PSW)

精神保健福祉士

 

介護支援専門員 (ケアマネジャー)

介護支援専門員

 


「介護職・ヘルパー」の求人はクリップワーク

介護と医療に特化した求人サイトは「クリップワーク」