相談業務の職種と役割

相談業務は、施設の機能ごとに相談内容が変わる

介護保険施設の場合

指定介護老人保健施設の、特別養護老人ホーム(特養)が介護保険の指定事業所となったもので、

ご利用者様へ入浴や排せつ、食事などの生活支援中心の介護サービスを提供し、

さらに終末期ケア(ターミナルケア)など、

利用者様の生活・暮らしを継続的に支援・介助する役割を持っています。

担当は、「生活相談員」と「介護支援専門員」が相談業務を行ないます。

介護老人保健施設は在宅復帰を目的・目標にご利用者様である要介護者に対して、

医療管理・看護サービス・介護サービス・リハビリのサービスを提供しており、

担当は「支援相談員」と「介護支援専門員」が相談業務を行ないます。

 

介護医療院(以前は、指定介護療養型医療施設)は、

介護保険施設のなかで、医療的管理を中心で必要とするご利用者様である要介護者を対象にしており、

療養上の必要な管理や看護サービス、医学的管理にもとづいた介護・リハピリ等を実施いたします。

担当相談業務は介護支援専門員が行ないます。

 

その他の介護・福祉施設

軽費老人ホームや有料老人ホーム等の施設入居者に対して、

介護保険事業所の指定を受けて介護サービスを提供する特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム)があります。

相談業務の担当者は、「生活相談員」と「介護支援専門員」が相談業務を行ないます。

相談業務を行なう生活相談員が配置される施設としては、

高齢者福祉制度下における「養護老人ホーム」や「軽費老人ホーム」等があります。

ご利用者は身体的には自立または軽度の介護状態ですが、

様々な要因や問題などで 「在宅生活困難である高齢者が利用する施設」として利用されております。

 

医療機関

医療機関で相談業務を担当するのは

Medical social Worker MSW」】と【Pychiatric Social workerPSW」】

が代表的な2職種となっております。

MSW医療ソーシャルワーカー

PSW精神科ソーシャルワーカーといいます。

現在でも社会的入院が増えてきています、治療・療養が終了しても疾病以外の理由で退院・在宅復帰できない患者への支援が必要になりました。

その支援に対応するため、相談員であるソーシャルワーカーが配置されているのです。

 

相談業務を担う職種と施設における相談支援職の名称

高齢者施設

介護保険施設

指定介護老人福祉施設 

・介護支援専門員

介護老人保健施設

・生活相談員

・介護支援相談員

介護医療院(前:指定介護療養型医療施設)

・介護支援専門員

老人福祉施設

養護老人ホーム

・生活相談員

軽費老人ホーム

・生活相談員

※介護保険事務所の指定を受けた施設には、

介護支援専門員が配置される

 

医療機関

精神医療機関

・精神科ソーシャルワーカー(PSW)

一般医療機関

・医療ソーシャルワーカー(MSW)

 


「介護職・ヘルパー」の求人はクリップワーク

介護医療に特化した求人サイトは「クリップワーク」