施設の相談業務の現状

相談業務は、適切な情報開示とリスク回避への助言が、代弁者となります

相談業務の本質

相談業務というのは、サービスを受ける利用者やご家族の方の相談である悩みや疑問を聞き、その解決に向けて、相談を通じて援助することを指します。

「相談を通じて」といっても、相談の内容が大変重要になります。

相談とは、ただ解決方法を提示すればよいのではなく、相談者である利用者等が自分で解決できるように、

情報の提供や助言ができるかがポイントとなります。

ここで大切なのは、自己決定の支援なのです

 

在宅生活と異なる環境

とくに、施設や医療機関では、在宅での生活と違い、施設利用者はこれまでの生活と異なる生活環境となり、今までとは明らかに異なる生活を余儀なくされます。

さらに、血縁も地縁もない見知らぬ人たちと共同生活をしなければなりません。

 

共同生活によって、施設利用に大きなストレスがかかり、それが原因で、自宅など在宅生活では発生しなかった問題や悩みが発生します。

たとえば、利用者同士の人間関係でのトラブルや、病室や居室という慣れない生活環境への不適合、共同生活が引き起こすプライバシーの問題があります。

施設へ入所前に利用者様の個々が抱えている問題や悩みに加えて、これらが新しい問題や悩みとして発生いたします。

また、施設や病院等の種類によって対応する相談の内容は異なり、解決に向けたプロセスや手法も多種多様です。

終末(ターミナル)までの生活支援を送る施設もあれば、在宅復帰をめざす施設サービスもあります。

病院に関しても同様で、 入院期間が一定期間に制限された病院もあれば、長期の療養(入院)を目的とした病院もあります。

 

この状況のなか、相談業務は利用者等の声を聞く第一線の仕事です。

利用者の抱える不満や苦悩・悩みに対して注意深く観察し、必要に応じて施設側の窓口となり、受け止めて対処する役目となっております。

また、利用者が新しい環境に馴染んでいくための媒介としてもの役割もあり機能しなければなりません。

 

なぜ、施設や医療機関に相談援助職が必要なのか

近年の高齢者施設や医療機関の状況

  • 複雑な機能分化で、施設の選択がわかりにくくなった
  • 身体拘束の廃止や、虐待対応による対応拠点としての役割
  • 多様な疾患や症状を持つ利用者の受け入れによる、医療ニーズの拡大
  • 成年後見制度など関連法の整備と拡大

 

施設等の生活で起きるさまざまな問題

  • 知らない人との共同生活
  • 今までと異なる生活リズム
  • 不慣れな環境と拡大

  • 施設入所の相談と援助
  • 生活不安の解消支援
  • 施設環境適応の援助
  • 利用者の代弁役
  • 外部機関に対する窓口
  • 施設のリスクマネジメント

上記に対応する職種として相談援助職が配置されている!


「介護職・ヘルパー」の求人はクリップワーク

介護医療に特化した求人サイトは「クリップワーク」