介護・医療のお仕事ブログ

特別養護老人ホームでの相談員の役割

指定介護老人福祉施設の生活相談員   指定介護老人福祉施設 (特別養護老人ホーム)では、利用者と施設との契約にもとづいてサービスが提供されます。 そのため、生活相談員は利用者の人所前から、入所手続が円滑に進むように支援します。 入所は申し込み順ではなく、緊急性の高さや施設介護の必要性で判断されます。 生活相談員は主治医の診療情報や、それまで居……

相談業務をするための資格

施設等の相談業務を行うためには、一定の資格が必要 社会福祉士 ソーシャルワークの専門職として確立されたた国家資格が社会福祉士です。 現在では、ほとんどの介護保険施設「特養・老健・介護医療院」や病院での利用者及び患者の相談業務に関わる人が取得してます。 国家資格を有して相談業務職(ソーシャルワーカー)として活躍をおこなってます。 介護保険上での施設では、……

相談業務の職種と役割

相談業務は、施設の機能ごとに相談内容が変わる 介護保険施設の場合 指定介護老人保健施設の、特別養護老人ホーム(特養)が介護保険の指定事業所となったもので、 ご利用者様へ入浴や排せつ、食事などの生活支援中心の介護サービスを提供し、 さらに終末期ケア(ターミナルケア)など、 利用者様の生活・暮らしを継続的に支援・介助する役割を持っています。 担当は、……

施設の相談業務の現状

相談業務は、適切な情報開示とリスク回避への助言が、代弁者となります 相談業務の本質 相談業務というのは、サービスを受ける利用者やご家族の方の相談である悩みや疑問を聞き、その解決に向けて、相談を通じて援助することを指します。 「相談を通じて」といっても、相談の内容が大変重要になります。 相談とは、ただ解決方法を提示すればよいのではなく、相談者である利用者等が自……

介護に携わる人の資格・仕事とは

介護に関する資格・仕事について 介護の仕事として真っ先に思い浮かぶのはヘルバーではないでしようか。 ヘルバーは、自宅で暮らしている高齢者のお世話をする仕事をしている人です。 ヘルバーの仕事は「オムツ交換」「食介助」「通院介助」などの身体介護や、 「食事づくり」「買い物」「掃陥」などの生活援助に分かれます。 とくに、最近は独り暮らし高齢者や老夫婦……

今後増える「サービス付き高齢者向け住宅」!

今後増える「サービス付き高齢者向け住宅」! 大事な3つのポイント①新しい高齢者向け賃貸住宅「サービス付き高齢者向け住宅」が誕生 ②有料老人ホームよりも入居・転居がしやすい ③高額な入居一時金を支払わなくても契約できる 高齢者の住宅として有料老人ホームとともに利 用されているのが「サービス付き高齢者向け住宅」(以下サ高住)です。 日常生活や介護……

介護を受けることもできる有料老人ホーム!

有料老人ホームには、〇介護付き〇住宅型〇健康型の3種類! 大事な3つのポイント①介護が必要な人が暮らせるのは「介護付き」と「住宅型」の施設 ②介護付き有料老人ホームにはケアマネジャーが所属している ③住宅型有料老人ホームで介護を受ける場合は個別の手配が必要     「有料老人ホーム」には、「介護付き」「住宅型」「健……

認知症の人が共同生活を送るグループホーム!

認知症の人が共同生活を送る生活の場である「グループホーム」! 大事な3つのポイント①グループホームは認知症の人の生活の場 ②認知症の人がそれぞの能力を生かしながら共同生活を送る ③暴力などの問題行動が見られると退去を求められることがある 「認知症高齢者グループホーム」は、認知症と診断された人が、スタッフの支援を受けながら共同生活を送る場です。……

介護療養型医療施設は廃止、介護医療院へ!

リハビリや医療が中心の介護保険施設 大事な3つのポイント①介護老人保健施設では、自宅へ戻るためのリハビリなどを行う ②介護療養型医療施設では、長期療養者のためのケアを行う ③介護療養型医療施設は、2018年3月末で廃止され、介護医療院へ   3種類の介護保険施設のうち、特別養護老人ホー ムが「生活の場」であるのに対して、その他のふ……

生活面のケアが中心の特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、要介護者の「生活の場」! 大事な3つのポイント①特別養護老人ホームは、要介護者の「生活の場」 ②申込みから入居まで、数年かかることもある ③病状や介護者の有無に応じて入居の優先度が決まる 介護保険施設のなかでもっとも数が多いのが、「特別養護老人ホーム(特養)」。 65歳以上で、身体または精神上の障害のために常時……

住み替え後の介護サービスの利用法!

住み替え後のさまざま施設の介護サービスをご紹介! 大事な3つのポイント①入居先によって、施設が提供する介護サービスの種類が異なる ②だれが、どのように介護サービスを提供するのかを知っておく ③生活援助だけが提供される施設もある   要介護者が住み替えをした場合、転居先によって利用できる介護サービスも変わってきます。 ……

高齢者の住まいのいろいろ!

働くながら介護を行う場合、要介護者の 「住み替え」も検討しよう! 大事な3つのポイント①要介護者の住み替えで、介護と仕事の両立が可能になることも ②要介護度によって入居できる施設が異なる ③入居する施設によって費用が異なる   働きながら家族の介護を行う場合、要介護者の 「住み替え」も選択のひとつになります。 高齢者の 住み……

認知症対応型グループホームとは?

家庭的なサービスで認知の方が安心できるサービス、グループホーム! 大事な3つのポイント①小人数なので、人間関係が作りやすい ②家庭的な雰囲気の住まいで地域にとけこみながら生活する ③興味があれば、早めに探し始めたほうがよい 「グループホーム」は、もともと北欧で生まれました。 障害のある人が、特別な施設ではなく一般家庭に近い住まいで地域社会に……

認知症の人に有効な地域密着型サービス!

認知症の方のみが利用できる地域密着型の介護サービス! 大事な3つのポイント①住み慣れた地域で長く暮らしていく要介護者のための地域密着型サービス ②地域の事情に合ったきめ細かいサービスが行われるのが地域密着型サービス ③地域密着型サービスには認知症の人だけが利用できるサービスもある   地域の介護(介護予防)サービスを受けながら、住み慣……

成年後見制!

契約や財産管理などの援助は、後見人制度! 大事な3つのポイント①財産管理、契約の判断が難しくなったら、成年後見制度を利用する ②裁判所に認められた後見人が、本人の代行をする ③後見人の代行は法的行為だけで、日常生活の支援などは含まれない 認知症が進んでくると、さまざまな契約を結んだり、財産を管理することが難しくなります。   悪……

日常生活自立支援事業を利用する!

金銭面の不安は日常生活自立支援事業を活用してください! 大事な3つのポイント①金銭管理が不安になったら、日常生活自立支援事業の利用を検討する ②さまざまな手続きの代行もしてくれる ③本人が契約をかわすため、ある程度の判断力が必要 要介護者が独居や日中ひとりでいる場合、   財布や現金の在り処がわからなくなることがたび重なった……

悪徳商法によるトラブルを予防する!

悪徳商法から認知症の方を守る! 大事な3つのポイント①高齢者の被害は、10年で2・4倍に増えた ②家庭訪販と電話販売の被害が多い ③多くの目での見守りと、成年後見制度で予防する   全国の消費生活センターによせられた相談のうち 70歳以上の人が被害に遭った件数は、2014年度で195450件。 2005年度が139655件でし……

認知症に多いお金のトラブルを防ぐ!

認知症に多い「見守るトラブル」と「対策が必要なトラブル」 大事な3つのポイント①「見守るトラブル」と「対策が必要な」トラブルに分けて考える ②悪徳商法などのトラブルが心配なら、後見制度の利用を ③日常生活での金銭のやりとりが心配ならば、日常生活自立支援事業の利用を   認知症の人のお金のトラブルは、「見守るトラブ ル」と「対策が必……

認知症の人とのコミュニケーション!

笑顔は最大のコミュニケーションツール 大事な3つのポイント①会話が成立しなくなっても、コミュニケーションをとる方法はある ②笑顔は最大のコミュニケーションツール ③気持ちを伝える工夫をしよう     認知症の人は、だんだんと会話が通じなくなり一般的な会話が成立しなくなります。 しかし、「ことば」に頼らない……

認知症の人はどんな気持ちでいるか!

認知症の人は、理解が失われても感情は残っている 大事な3つのポイント①暴言をロにしたり、介護を拒否されても深刻にならない ②認知症の人は、理解が失われても感情が残っている ③このメカニズムを理解して、工夫してみよう   身に覚えがないのに「お前のせいだ」と言われたり、一生懸命介護をしているのに世話を嫌がられたりすることがあります。 ……