\今なら採用手数料がなんと0円!無料/介護・医療専門求人サイト【スタートワーク】

おひとりさまの在宅死を実現させた介護保険制度

  1. 介護・医療の求人サイト「スタートワーク」トップ
  2. ブログ一覧
  3. おひとりさまの在宅死を実現させた介護保険制度

おひとりさまの在宅死を実現させた介護保険制度

介護保険って誰のために使われるサービスなの?

介護保険って誰のために使われるサービスなの?
介護保険とは、2000年に始まった新しい制度です。
介護保険法では、65歳以上の国民を第1号被保険者とし、彼らが要介護状態になった時に在宅介護サービスや施設介護サービスを受けるという制度です。
また、介護保険の保険料は40歳以上の国民で負担し、そのうちの40歳から64歳の国民を第2号被保険者と呼びます。
第2号被保険者は健康保険料にプラスする形で介護保険料を支払います。

近年、身内が誰もいないおひとり様の在宅死を可能にしたのは、介護保制度が作られたおかげだとも言えます。

「介護保険って誰のために作られたサービスなの?」

では一体介護保険とは誰のために作られたサービスなのでしょうか?

実は介護保険とは、高齢者のために作られたサービスではないんです。
日本の一般的な家庭の介護の負担を軽減させるために作られた政策なのです。
介護保険制度が始まってしばらくしてから、各自治体で利用者の満足度調査が実施されました。
もちろん、利用者というのは高齢者ではなく家族です。

介護保険のニーズのほとんどは、おじいちゃんやおばあちゃんを預かって欲しいという家族のニーズなのです。
介護保険制度ができる前は、親を姥捨て山みたいにして施設に入れるのはいかがなものか、というような家族の躊躇がありました。
しかし皮肉なことに介護保険は、親を施設に入れるというハードルをぐんと下げる効果をもたらしたのです。

『自分が暮らしてきた家で死にたい』というのが高齢者の本音

「自己負担で十分に介護サービスが補える介護保険」

現在の高齢者世帯の持ち家率は約8割です。
このような条件は、在宅死を願う高齢者には大きなメリットになります。
例えば要介護5と判定された高齢者の場合では、介護保険内ですべての費用を賄うことはできません。
しかし、1割負担分の3万6000円を払えば、相当手厚いサービスを受けることができます。
訪問医療を始めとする在宅介護サービスを受けるためにはそれなりのの費用がかかります。

しかし、老人ホームや高齢者住宅に入ればさらに高額な住居費や管理費が必要です。

自宅ならばそれらの費用は全く必要ありません。
その分を在宅の介護サービスの費用に使えばいいのです。

まとめ

痛みや不安なく、最期まで住み慣れた場所で朗らかに過ごしたいというのは、誰しもが願うことです。
長年働いて手にした持ち家を子どもに残そうなどと思わず、自分が生きているうちに財産として全部使ってしまい、幸せな在宅死を迎えるのだとしたら、老後は安泰なのではないでしょうか。