\今なら採用手数料がなんと0円!無料/介護・医療専門求人サイト【スタートワーク】

病棟クラークって何?どんな仕事?

病棟クラークって何?どんな仕事?

看護師さんが入院患者に専念できるように!

看護師さんが入院患者に専念できるように!
「病院には、病棟クラークっていう仕事があるって知ってましたか?」

入院施設がある大きな病院では、病棟ごとに病棟クラークが配置されていて、医師や看護師が入院患者のケアに専念できるようさまざまな仕事を担当しています。
たとえば、入院患者の手続きや病室の手配、ネームプレートの用意や患者の名簿作成、カルテの管理などです。

病棟クラークの仕事内容とは?

病棟クラークというのは、入院病棟において医師や看護師、入院患者をサポートし、診療をスムーズに行うための補助をするという仕事の内容です。

また、病院によっては医師が診察を行う前に患者に問診をして問診票の記入を済ませておいたり、診療で使う器具の準備を行うなど、看護助手のような仕事を行うこともあります。
大きな病院で働き、入院患者のカルテの管理や手続きを行うことで医師や看護師をサポートするのです。

病棟クラークの仕事に就くためには資格は必要ありませんが、医療についての基礎知識や事務スキルがあれば就職の時には有利になります。

病棟クラークの仕事は事務の仕事がやりたい人にも向いています!

事務職員は、女性に人気で求人の数も少なく、求人が出るとすぐに埋まってしまうため、なかなか事務職員として就職するのが難しい現状にあります。

一方で、事務職員と似たような仕事である病棟クラークは、求人数も豊富で事務の仕事がやりたいけど、なかなか事務職に就けないという人には、是非お勧めしたい職業になります。

病棟クラークの収入ってどれくらい?

病棟クラークの給料は、一般事務と同じくらいの水準です。
また、一般事務と同じで、正職員か非正規雇用なのかで差が出てきます。
正職員は月収が17万〜25万円ほどで、年収にすると300万円ほどです。
パートやアルバイトは時給が900円〜1000円ほど。

病棟クラークは医療行為に携わることはなく、専門の資格や免許を必要としないため、給料に関しては一般的な事務職とあまり変わらないのです。

病棟クラークのやりがいって何だろう?

病棟クラークのやりがいは、なんと言っても入院患者の身近な場所で働けることです。
病棟クラークは、いろいろな場面で入院患者と接する仕事のため、患者さんから頼られ感謝されることの多い仕事です。
特に、入院日数が長い患者とは、いろいろな話ができるため、心の支えになることが多いです。
こんなふうに入院患者を精神的に支えられるという点は、病棟クラークの仕事の大きなやりがいと魅力になっています。