\今なら採用手数料がなんと0円!無料/介護・医療専門求人サイト【スタートワーク】

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の仕事って?

  1. 介護・医療の求人サイト「スタートワーク」トップ
  2. ブログ一覧
  3. サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の仕事って?

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の仕事って?

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)はどのようなサービス?

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)はどのようなサービス?
老人ホームといえば、有料老人ホームや特別養護老人ホームにケアハウスなどのさまざまな種類のものがありますが、中でも最近人気になっているのが、マンションのような独立した住居に住み、安否確認が保障され、生活相談なども受けられる「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。

「サ高住」には、必要に応じて介護サービスや食事提供サービスが受けられるので、個人のライフスタイルに合わせて暮らしをカスタマイズできるというメリットがあります。高齢化がもの凄い勢いで進む今の日本社会では、将来介護が必要になった時に備え、介護サービスが受けられる環境での暮らしを希望する人が増えてきているのです。

「サ高住」は、要介護高齢者が入居している有料老人ホームと違って介護認定なしの、あるいは軽度の要介護者を受け入れています。管理者や生活相談員が昼間は常駐し、入居者の安否確認や様々な生活支援を受けることができます。
また、介護が必要な時は、訪問介護などの外部の介護サービスを個別に契約する必要があります。

サ高住の仕事とは?

サービス付き高齢者向け住宅で働く職員には、管理者や生活相談員または生活支援員が1名います。
これらの職員は常駐していて、利用者の居室を定期的に訪問するなどして、利用者の安否確認や状況確認などを行います。
そして、管理者を始めとする「サ高住」の職員には、資格は必要なく、介護の業務も必要ありません。
また、利用者の日常生活の相談も行います。基本的に、「サ高住」の利用者は自分で身の回りのことが行えるため「サ高住」の職員は日常生活の見守りを始め、「電球が切れた」などのちょっとしたトラブルのお手伝いや、体調不良やケガなどの対応を通して、利用者が快適に暮らせるようサポートするのが主な仕事となります。
この他に、郵便物の受け取りや来客の対応、買い物の代行、そして掃除や洗濯などが仕事の内容に含まれることもあります。
実際には、早番や遅番などで決められた時間内での勤務となります。

まとめ

「サービス付き高齢者向け住宅」で働く職員には、決められたスケジュールはなく、利用者の要望に応じて動くので、比較的ゆったりと仕事を進めることができるという特徴があります。また、デイサービスなどのような送迎業務などもないため、他の介護施設に比べると「サ高住」の職員の仕事は、体力的に楽というメリットもあり、お年寄りと関わる仕事がしたいけど、介護は体力的に自信がないという人にはお勧めの仕事と言えます。