\今なら採用手数料がなんと0円!無料/介護・医療専門求人サイト【スタートワーク】

「最近、社会人から看護士に転職する人が増えているって知ってましたか?」

  1. 介護・医療の求人サイト「スタートワーク」トップ
  2. ブログ一覧
  3. 「最近、社会人から看護士に転職する人が増えているって知ってましたか?」

「最近、社会人から看護士に転職する人が増えているって知ってましたか?」

「最近、社会人から看護士に転職する人が増えているって知ってましたか?」

「最近、社会人から看護士に転職する人が増えているって知ってましたか?」
「最近、社会人から看護士に転職する人が増えているって知ってましたか?」

 看護士といえば、一度資格を取るとその後は資格を更新する必要がないため、資格を取ってしまえば生涯病院や診療所、または介護施設などで働くことができるという理由で、最近社会人になってから看護士に転職する人が増えています。

実際に資格を取得してしまえば、看護士という職業は、景気や社会情勢に関係なくほぼ100パーセント就職が決まる最強の資格なのです。なおかつ、就職してからも、高額な給料が保証されていることも特徴の一つです。

このことは、厚生労働省の行った「看護士等学校養成所入学状況及び卒業生就業状況調査」(2014年度版)で、全国の看護士養成学校(含3年過程大学)で、一学年の総定員数のおよそ16パーセントが25歳以上の入学者で、中でも准看護士養成過程にについては、入学者の半数が25歳以上であるというデータが出ていることからもよく分かります。

それでは、社会人になってから看護士資格を取得して看護士に転職するにはどうしたらいいのでしょうか?


「看護士資格を取るには?」 

 ここでは、社会人から看護士に転職したいという人に、働きながら准看護士を目指すという方法をお勧めします。

働きながら准看護士資格を取る方法は、高校の卒業資格も必要ですが、准看護士養成学校に2年通い、准看護士試験に合格することです。 

 また、准看護士養成学校には全日制と定時制があり、全日制なら週に3日、定時制なら夜間に週5日間授業が行われます。

そのため、たとえ学校に通っていても空いた時間が取りやすくパートやアルバイトなどをしながら資格を取ることができるのです。

また、大きな病院やクリニックでは、看護士をサポートする看護助手がよく募集されています。

看護助手は、資格がなくても行うことができるため、医療の現場で学びながら准看護士養成学校に通うことができるというメリットもあります。

 そして、准看護士として7年間働くと、通信制の看護学校で学ぶこともできるようになり、正看護士資格だって働きながら自分のペースで取得でき、キャリアアップしながら働くことが可能です。 

「まとめ」

 現在の日本は超高齢化社会を向かえ、2025年には日本の人口の30パーセントが65歳以上の高齢者になります。

今日では、65歳以上でも元気で若々しくばりばり働いている人が大勢います。

看護士は一生を通して取り組むことができるとてもやりがいのある仕事です。何歳からでも遅くはありません。

思い立った時がスタートラインです。

そして、スタートワークはそんな勇気をもって転職しようとする人を応援しています。