\今なら採用手数料がなんと0円!無料/介護・医療専門求人サイト【スタートワーク】

【訪問リハビリテーションてどんなことをするの?】

  1. 介護・医療の求人サイト「スタートワーク」トップ
  2. ブログ一覧
  3. 【訪問リハビリテーションてどんなことをするの?】

【訪問リハビリテーションてどんなことをするの?】

【訪問リハビリテーションてどんなことをするの?】

【訪問リハビリテーションてどんなことをするの?】
訪問リハビリテーション(以下、訪問リハ)とは、かかりつけ医(主治医)の判断の下、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ専門のスタッフが自宅へ訪問しリハビリを行うことを言います。

このサービスを受けられるのは、要介護認定を受けている要介護者のみです。

では、訪問リハビリテーションとは具体的にどんなことをするのでしょうか。

・専門分野もいろいろ

リハビリ職には主に3つの分野に別れます。

・作業療法士(PT)

色塗りやパズル、手芸や工作など日常生活で用いる手先の細かい作業を通して心身の機能や社会適応力の維持・改善をはかります。


・理学療法士(OT)

歩く、座る、立つ、寝返るなどの基本的な動作のほか、運動やマッサージなどを通して日常生活に必要な基本的動作の維持・改善をはかります。


・言語聴覚士(ST)

病気や障害によって発言や発音が困難となった要介護者の訓練のほか、飲み込むなどの嚥下機能の訓練を行います。

その他にも、介護者の負担軽減のための相談や介助方法のアドバイスや介護者の精神的な支援も行ってくれます。

それぞれリハビリ内容や改善目的は異なりますが、日常生活を送る上で、どれも欠けてはならないとても大切な訓練です。

・どんな人が使えるの?

要介護認定を受けており、尚且つ、主治医からリハビリの必要があると認められた人であれば、誰でも訪問リハは受けることができます。

しかし、要支援1.2の人は『介護予防訪問リハビリテーション』の枠となります。


訪問リハを受ける人の中には

・ずっと寝たきりの生活で、廃用症候群にならないために定期的に体を動かしている

・デイケア(通所リハビリ)以外にも個別でリハビリを行いたい

・デイケアに通うのが嫌だ

・人の目が気になるから、自宅でゆっくりリハビリに専念したい
など、理由は様々です。

人は適度に体を動かさなければ、すぐに体力が落ち、筋力も衰えてしまいます。

そうならないために、定期的に訪問リハを活用し体を動かし刺激を与えることで、心身機能の維持や回復につながります。

・まとめ

訪問リハは、住み慣れた自宅の環境に合わせたリハビリを行ってくれるメリットがあります。

それとは逆に、マシーンなどのリハビリ専門機材が使えないため、リハビリを行う手技に制約がかかってしまい、満足にリハビリを受けれない場合もあります。

また、訪問リハにはリハビリを受ける回数と施術時間の上限が毎月設けられています。

担当のケアマネージャーとよく相談し、要介護者に合ったケアプランを作成しましょう。


訪問リハビリは、きっと要介護者の“あれがやりたい、こんなことをやってみたい”という目標をサポートしてくれること間違いありません。